ソーシャルメディアポリシー

ヤーマン株式会社(以下「当社」といいます)は、ソーシャルメディアの運用にあたり、下記の通りソーシャルメディアポリシーを定めます。

ソーシャルメディアの定義

ソーシャルメディアとは、Facebook、YouTube、Instagram、Twitter等、インターネットを使用し不特定多数のユーザーとの情報の共有を行うことが可能なメディアを指します。

ソーシャルメディア参加の目的

当社はソーシャルメディアを通じて当社の商品・サービスをより多くのお客様に知っていただき、企業とブランドへのお客様の信頼と価値を高めることを目的としてソーシャルメディアを適切に運用します。

ソーシャルメディアにおける情報発信や対応

当社はインターネットに発信した情報は不特定多数の利用者がアクセス可能であり、一度発信した情報は完全に削除することができないことを理解した上で、ソーシャルメディアへの情報発信を行います。 また、ソーシャルメディアを通じて発信する情報や対応が、世の中に少なからず影響を与えることに留意し、誤解を与えないように注意します。 しかしながら、ソーシャルメディアの特性上、当社及び当社従業員からの情報発信の全てが必ずしも当社の公式な見解を表しているものではありません。情報は、発信時点のものであり、その後変更されることがございますので、ご注意ください。公式な発表に関しては、当社のウェブサイトおよびニュースリリースなどで情報発信します。

ソーシャルメディア参加にあたっての心構え

傾聴の姿勢を忘れず、お客様の声に耳を傾け、常に良識ある情報発信、責任ある行動を意識します。誤った情報を発信した場合、誤解を与える表現を行った場合は、できる限り速やかに訂正します。

法令・規程の遵守

情報発信にあたっては、法令および当社が定める規定を遵守します。特に第三者の著作権、肖像権、名誉、その他権利を侵害する行為は行いません。

ユーザーコンテンツへの対応

当社はソーシャルメディアでの利用者の皆様のコメントや写真、動画、リンクその他のコンテンツ(以下、総称して「ユーザーコンテンツ」といいます)の投稿を歓迎しますが、ユーザーコンテンツは当社とその従業員や関係者の意見を反映しているわけではありません。また、当社は各ソーシャルメディアにおけるユーザーコンテンツの正確性、完全性、合法性その他を保証するものではありません。当該ユーザーコンテンツに起因して利用者その他第三者に損害が発生したとしても、当社の故意または重大な過失によるものでない限り、一切責任を負いません。

また、当社はすべてのユーザーコンテンツをモニタリングしていませんが、下記の内容に該当するユーザーコンテンツを投稿しないことを利用者の皆様に期待します。 万一、利用者の皆様がいずれかの条項に違反した場合、事前に何ら通知することなく、違反の態様・程度等に応じ、該当するユーザーコンテンツ等の削除、その他の必要な措置をとることができるものとします。

  • 当社、他の利用者、または第三者の権利および財産を侵害する行為、ならびに侵害するおそれのある行為
  • 当社、他の利用者、第三者、またはそれらの製品もしくはサービス等について誹謗中傷する行為、および根拠のない情報を掲載する行為
  • 他の利用者、または第三者に関して、電話番号や住所、メールアドレス等の個人情報を掲載する等して、プライバシーを侵害する行為
  • 特定の宗教または組織、団体等に関する布教活動、勧誘等の行為
  • 当社が提供する情報を許可なく営利目的に使用する行為
  • 有害なコンピュータプログラム、および偽装ファイル等を送信し、または書き込む行為
  • 公序良俗または法令に反し、またはそのおそれのある行為
  • 犯罪的行為に結びつき、またはそのおそれのある行為
  • その他ソーシャルメディアにおいて不適切であると当社が判断する行為

ソーシャルメディアポリシーの変更・効力

当社は、皆様の了解を得ることなく、本ソーシャルメディアポリシーを変更することがあります。変更後の本ソーシャルメディアポリシーは、当社が別途定める場合を除き、WEB上に表示した時点より、効力を生じるものとします。

お問い合わせ窓口

https://www.ya-man.com/cgi-bin/corp/c-customer/form.cgi

以 上

コメントは受け付けていません。