社長メッセージ

社長メッセージ

当社は、1978年の設立から41周年を迎えることができました。
これもひとえに皆様のご支援の賜物と、厚く御礼申し上げます。
「日本発のグローバルブランドカンパニー」として、夢や驚きのある製品をお届けし、ステークホルダー全員が満足できるような経営を目指してまいる所存でございます。
今後ともご指導、ご鞭撻のほど、心よりお願い申し上げます。


代表取締役社長 山﨑 貴三代

46期の事業環境と業績について

当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善により緩やかな回復基調にあったものの、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けて、経済環境が急激に悪化しました。経済活動の停滞による世界的な景気減速が懸念されるなど、先行きの不透明感はますます強まってきています。

このような状況の下、当社グループでは、新製品の研究開発、ブランド確立のための広告宣伝、社内体制の整備といった先行投資に注力しつつ、足元の売上の落ち込みを補うべく、各販路の伸長を図ってまいりました。

国内需要は底堅く推移しましたが、インバウンド需要の低迷を補うまでには至らなかったことに加え、新型コロナウィルスの感染拡大による実店舗休業の影響が大きく、当連結会計年度の売上高は22,975百万円(前連結会計年度比15.7%減)、営業利益は2,504百万円(前連結会計年度比56.1%減)、経常利益は2,310百万円(前連結会計年度比59.6%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は1,322百万円(前連結会計年度比62.6%減)となりました。

コメントは受け付けていません。