インドネシアにてヤーマンブランドの美容機器をローンチ

2018年6月吉日

シンガポールに次ぎ東南アジアで2か国目
首都圏の「ベスト電器」とECサイト「トコペディア」で販売開始
ブランドローンチを記念したイベントを6月28日(木)に開催

  ヤーマン株式会社(代表取締役社長:山﨑貴三代、所在地:東京都江東区)は、2018年4月よりインドネシアにおける美容機器のテスト販売を開始し、6月28日にはジャカルタ市内でブランドローンチを記念したイベントを開催いたしました。
  インドネシアで「ベスト電器」を運営するバングン・プルサダ・タタ・マクムール社と総代理契約を締結し、首都圏の主要4店舗を皮切りに、今後も販売網を拡大していく予定であるほか、インドネシアのEC最大手「トコペディア」でも販売を開始しております。

  ブランドローンチ記念イベントは、6月28日(木)にジャカルタ随一のハイエンドなショッピングモール「パシフィックプレイス」にて開催され、多くのメディアが集まりました。
  まだ美容機器によるケアの習慣が根付いていないインドネシアにおいて、当社製品は全く新しいビューティケアとして非常に大きな注目を集めております。

「パシフィックプレイス」内のダイニングLIBERTEにて行われたローンチイベントの様子」。


  当社はこれまでに「ヤーマン/雅萌」ブランドで、香港、台湾、中国、韓国、シンガポールへ海外進出を果たしております。また、エアーファンデーション『ミネラルエアー』を含む「オンリーミネラル」ブランドを欧米で展開しております。
  グローバルアフターサービスに対応したサイトを今月開設し、海外で製品を購入されたお客様のアフターサービスにも力を注ぐ所存です。

  今回のインドネシア進出においては、多民族国家であるインドネシアの方々の多様なニーズに応えることを目指し、1台でクレンジング、保湿、弾力、引き締めなど様々なケアができる美顔器や、ボディケア機器、ムダ毛ケア用の美容器を取り揃えました。
  美容機器専門メーカーならではの、技術に裏付けられた幅広い製品ラインナップを生かし、今後も美と健康を志すすべての方の向上心に応えてまいります。

コメントは受け付けていません。