世界シェアNo.1※1ブランド『Waterpik』が日本上陸

2020年10月1日(木)

磨き残しゼロを目指す、次世代デンタルフロス。

世界シェアNo.1※1ブランドWaterpikが日本上陸

2020年11月上旬より順次発売予定
101()よりヤーマン公式ショップ楽天市場店にて予約受注開始>

 

ヤーマン株式会社(本社:東京都江東区 代表取締役社長:山﨑貴三代)は、アメリカで誕生し、半世紀以上の歴史を持つオーラルケアブランド「Waterpik」の正規代理店として、2020年11月上旬より、ライフスタイルに合わせて選べる3タイプのウォーターフロッサー「ウォーターピック」を全国の家電量販店、一部のバラエティショップ、ヤーマン公式オンラインストア、ヤーマン公式ショップ 楽天市場店、ヤーマン公式ショップ PayPayモール店にて順次発売する予定です。

 

ウォーターピックは、歯ブラシでは届きにくく、磨き残しが発生しやすい歯間部を掃除するのに適したデンタルフロスと、歯間の根元の三角形のすき間汚れを取るのに適した歯間ブラシの1台2役を果たすだけでなく、歯周ポケットもケアすることが可能です。パワフルな独自のジェット水流で、歯や歯茎を傷つけることなく、歯間や歯周ポケットに詰まった汚れをスッキリと除去します。

プラークを最大99.9%除去※3するこれからのオーラルケアの新習慣として、ぜひウォーターピックをお使いください。

発売の背景 ~日本人の予防歯科の意識改革をウォーターピックから~

歯周病とはポケットという歯の周囲の溝にプラーク(歯垢)が繁殖することで歯肉が腫れ、その下の歯を支える靭帯と骨が溶ける病気です。この歯周病は、全身疾患(循環器系疾患、早産、糖尿病、誤嚥性肺炎など)と相互に関係し合っていることが解明されています。気付いたときには手遅れになることも多いため、清潔な口腔内環境を保つことが重要です。歯周病を防ぐには、歯間部や歯周ポケットに潜むプラークを残さないようブラッシングすることが大切ですが、歯ブラシだけでは十分にプラークを除去できない方も多いため、「ブラッシング+α」のオーラルケアを行う必要があります。

 しかしその一方で、半数近くの日本人は歯ブラシのみでしかケアをしていないことが判明しています※2。当社は、その美容プロの知見、選択眼、情報網を生かし、ディストリビューターとしても世界中から話題性と実力を兼ね備える数々のヒットアイテムを世の中に送り出してきました。お客様に正しい予防歯科の知識を持って対策をして欲しい、ブラッシング+αのケアをして欲しい、より効果のあるケアをして欲しい、という思いから、世界販売数量シェアNo.1を誇り、デンタルフロスや歯間ブラシなどよりも歯ぐきの健康に効果的なエビデンスを数多く有し、世界中から厚い信頼を得ているアメリカのオーラルケアブランド「Waterpik」のウォーターフロッサー「ウォーターピック」の日本における販売代理店として発売にいたりました。日頃から歯間・歯周ケア習慣がある方にはより効果があるものをお選びいただき、まだ習慣が無い方には、歯間ケアは歯ブラシだけでは不十分であることや、オーラルケアの重要性に気付いていただきたいです。

Waterpik」ブランドWEBサイト: https://www.waterpik.jp/

 

デンタルフロスや歯間ブラシとの違い

■ウォーターピックはデンタルフロスと歯間ブラシの一台二役

歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間を清掃するのに適したデンタルフロスと、歯間の根元の三角形のすき間の汚れを取るのに適した歯間ブラシ。この二つでケアする部分を一台でケアできるのがウォーターピック。パワフルなジェット水流で、歯や歯茎を傷つけることなく、歯間や歯周に詰まった汚れまでスッキリと除去します。

■歯間だけでなく、歯周ポケットもケア

ウォーターピックは、磨き残しが発生しやすい歯間の汚れも、歯周ポケットの汚れも1台でケアできます。しかも手軽でストレスフリー。高圧のジェット水流で、奥に詰まった小さな汚れまでパワフルに吹き飛ばします。

 

 

世界で最も感染者の多い病気としてギネス認定された歯周病とは?
国民病とも言われている歯周病。Silent Disease (静かに進行する病気)とも言われ、痛みもなく徐々に進むため、気づいた時には手遅れになっていることの多い病気です。歯周病とはどのような病気なのか、そして、どのように予防すべきか、最新の研究データも含めてご紹介いたします。

吉野歯科医院 院長  吉野 宏幸
<略歴>
1999年 広島大学卒業
2003年 東京医科歯科大学  歯周病学分野大学院卒業
2003年 よしの歯科医院開設
2005年 吉野歯科医院開設
              日本歯周病学会 指導医
              日本臨床歯周病学会
              歯周病指導医
              歯周インプラント指導医
              東京医科歯科大学 非常勤講師
              臨床歯周病学会関東支部支部長

歯周病の感染プロセス
歯周病菌は唾液を介して伝播します。数百種類の歯周病菌が発見されていますが、代表的な菌として 親から子供にスプーンや箸などを介して伝播するAa菌と、成人同士のスキンシップなどで伝播するPg菌があります。歯周病菌は唾液を介して口腔内に伝播するのですが、その後、口腔内に定着できなければ、体外に排除されてしまいます。また、仮に定着しても、その後、体の中に入り込まなければ感染しません。ただし、日本人の多くは、20代、30代の頃に歯肉に炎症があり、歯周病菌が定着しやすい環境にあるため、免疫が下がってくる30代以降に歯周病が発症してしまうのが、今の日本人の現状です。口腔内に伝播したとしても、定着しない、歯肉に炎症のない環境にするには、歯垢を残さないようブラッシングするのが基本です。日本人の約半数は歯ブラシのみでしかケアをしていないことが判明していますが※2、歯ブラシだけで、十分に歯垢を除去できない方も多いので、フロス、歯間ブラシ、そしてウォーターフロスなどを併用したケアや、定期的な歯科医院でのクリーニングは必須です。清潔な口腔内環境にしておくことで、インフルエンザなどのウイルスが定着しづらくなることも、多くの研究で報告されています。

歯周病を克服するには?
歯周病を克服するために、スキンシップを断絶して歯周病菌の伝播を防ぐことは、現実的ではありません。伝播したとしても、定着しない清潔な口腔内環境を保つことが重要で、そのためには、歯ブラシ、フロス、歯間ブラシ、ウォーターフロスなどによるセルフケアと、定期的な歯科医院でのクリーニングが必要です。それと同時に、定着したとしても感染させないように、全身の免疫力をあげることによって、世界でも最も感染者の多い病気である歯周病は予防できるのです。日頃から歯間・歯周ケアの習慣がある方には、より効果のあるものを選んでいただきたいですし、まだ習慣がない方には、その重要性に気付いていただきたいです。

 

製品特長(第三者機関による臨床研究結果※10 )

 

 

 

製品概要(本体)

■ウルトラ プロフェッショナル 置き型大容量モデル

10段階の水圧調節が可能な交流式モデル。大容量のタンク、マッサージモードを搭載。チップはシリーズ最多の4種(6本)付属しており、本格的なデンタルクリーニングが行えます。

製品名  :ウルトラ プロフェッショナル
型番   :WP-660J(クラッシックホワイト)
      WP-662J(ジェットブラック)
発売時期 :2020年11月中旬予定
価格   :24,000円(税別)

<付属チップ>
ジェットチップ(3本)
プラークシーカーチップ(1本)
ピックポケットチップ(1本)
歯列矯正用チップ(1本)

■コードレス セレクト 防水(IPX7)・充電式モデル

お風呂でも使える防水・充電式モデル。コンパクト設計で、置き場所を選びません。2段階の水圧調節が可能。

製品名 :コードレス セレクト
型番  :WF-10J010(クラッシックホワイト)
     WF-10J012(ジェットブラック)
発売時期:2021年春予定
価格  :26,000円(税別)

<付属チップ>
ジェットチップ(2本)
プラークシーカーチップ(1本)
歯列矯正用チップ(1本)

■コードレス フリーダム 携帯・乾電池式モデル

乾電池式なので、出張や旅行の際にも便利にお使いいただけます。

製品名 :コードレス フリーダム
型番  :WF-03J010(クラッシックホワイト)
発売時期:2020年11月上旬予定
価格  :15,000円(税別)

<付属チップ>
ジェットチップ(2本)
歯列矯正用チップ(1本)

製品概要(別売品) チップは 各2本入

豊富なチップのラインナップ。
目的や矯正、インプラントなどの口腔内の状態に合わせて選択できます。製品によって附属のチップは異なります。

<製品紹介動画は公式Youtubeにてご覧いただけます>
Youtube URLhttps://www.youtube.com/watch?v=cTWLFYjbDYI

 

ウォーターピックとは

磨き残しゼロを目指す、次世代のデンタルフロスです。Waterpik® Water Flosserは独自の水圧と振動により、ブラッシングやデンタルフロスでは取り除きにくい食べかすやバクテリアを除去。歯間と歯周を清潔な状態へと導きます。

Waterpik社について

1962年にアメリカで誕生。半世紀以上の歴史を持つブランドです。口腔洗浄器として初めての特許を取得。75以上の臨床研究で安全性、有効性が説明されており、世界で一番選ばれています。
1962
米国コロラド州フォートコリンズの油圧エンジニアJohn Mattinglyと、歯科医のGerald MoyerによってAqua Tec Corp(後にWater Pik、Inc.となる)を設立。
2人は歯科用の口腔洗浄器を製作し、146回目の試みで、電動式の口腔洗浄装置を開発しました。

1967
口腔洗浄器で最初の特許を取得。その技術は今日のWaterpik®Water Flosserに役立てられています。内部の強力なミニチュアポンプは脈動する水流を送り、口腔環境を清浄化します。この時、お店で口腔洗浄器を購入することができるようになりました。

 

※1 Zion market research 世界Dental Water Jet市場 2012年~2017年 メーカー別 年間販売数量
※2 平成28年厚生労働省 歯科疾患実態調査の概要より
※3 ジェットチップを使用して3秒間あてた部分の除去率
※4 4週間の使用による歯ぐきの悩みの減少数の比較
※5 30日間の使用による歯ぐきの悩みの減少数の比較、プラークシーカーチップ使用時
※6 4週間の使用によるプラーク(歯垢)除去率の比較
※7 2週間の使用による歯ぐきの悩みの減少数の比較
※8 4週間の使用による歯ぐきの悩みの減少数の比較
※9 水圧レベル4-8、9、10の設定をれぞれ二週間ずつ(計6週間)使用による歯ぐきの悩みの減少の比較
※10  効果には個人差があります

 

コメントは受け付けていません。