新WEBCM「ウォーターピック日本上陸篇」11月4日(水)より公開

2020年11月4日(水)

プレゼンターに扮した要潤も思わず「すごいな…」と絶賛!
世界シェアNo.1※の次世代デンタルフロス「ウォーターピック」
新WEBCM「ウォーターピック日本上陸篇」11月4日(水)より公開

         

ヤーマン株式会社(本社:東京都江東区 代表取締役社長:山﨑貴三代)は、アメリカで誕生し、半世紀以上の歴史を持つオーラルケアブランド「Waterpik」の正規代理店として、2020年11月上旬より、口腔洗浄器 世界シェアNo.1ブランド「ウォーターピック」を順次発売する予定です。それに合わせ、俳優の要潤さんが出演する新WEBCMを11月4日(水)より公開します。

WEBCM「ウォーターピック日本上陸篇」(15秒): https://youtu.be/jdGNtWsHCjQ
WEBCM「ウォーターピック日本上陸篇」(30秒): https://youtu.be/aFWDanRCnWg

■WEBムービーのストーリー
「ウォーターピック」は、磨き残しゼロを目指す、次世代のデンタルフロスです。独自の水圧と振動により、ブラッシングやデンタルフロスでは取り除きにくい食べかすやバクテリアを除去。歯間と歯周を清潔な状態へと導きます。

新WEBCMは、要さんが「簡単で効果的な次世代フロスをご存知ですか?」と歩きながら問いかけるシーンでスタート。カメラが動くと、No.のモニュメントの横で数字の1のように佇み、「世界シェアNo.1※のWaterpik!」とポーズを決めます。次のシーンでは、「デンタルフロスより最大1.5倍歯ぐきの健康にも効果的で、インプラントのクリーニングにも最大2倍の効果が!」と歩きながら説明する要さん。99.9%と書かれたネオンサインの前に立ち、「プラーク除去率最大99.9%!」と熱弁します。カメラが素早く動くと、洗面台の前で「ウォーターピック」を使用している要さんの姿。「歯医者さんでクリーニングしているみたいだ!」と思わず心の声が漏れ出ます。最後には「すごいな、ウォーターピック」と絶賛。1カット風で撮影された動画と、プレゼンターのような要さんの姿に注目です。この機会にぜひ、次世代デンタルフロス「ウォーターピック」をお試しください。
※1 Zion market research 世界Dental Water Jet市場 2012年~2017年 メーカー別 年間販売数量

 


■要 潤さんインタビュー
要 潤さんに今回の撮影についてのインタビューを行いました。

Q.今回のWEBCM撮影の感想はいかがでしたか?
とても動きがあってダイナミックなカットもたくさんあり、躍動感溢れるCMになっていると思います。仕上がりがすごく楽しみです。

Q.長台詞の1テイクの撮影は大変でしたか?
あまりない経験でしたが、ドラマとか映画ではよくある事なので、演じているということを楽しみながらやらせていただきました。

Q.今回のWEBCMの見所は?
豪華なセットと、1カットで長く撮った部分ですね。商品の魅力を伝える部分というのが、すごく皆さんも見ていてワクワクするんじゃないかなと思います。

Q.世界シェアNo.1の「ウォーターピック」ですが、要さんがNo.1になりたいことは何ですか?
本業でNo.1になることが一番達成感もあるし、自分にとっては充実感のあることだと思います。俳優としてこの役をやらせたらNo.1だなと思ってもらえる役者になりたいですね。

Q.これだけは誰にも負けない、要さんのNo.1な特技は何ですか?
僕は香川県出身なんですけど、うどんが有名なんですね。うどんを食べて育ちましたので、他の県にもおいしいうどんは沢山あるのですが、香川県のうどんを見抜いてください、と言われればたぶん僕が一番分かるんじゃないかなと思います。

Q.ききうどんってことですね?
ききうどんですね。はい。

Q.要さんの歯はとても綺麗ですが、キレイな歯を保つ秘訣は何ですか?
子どもの頃、母親に歯磨きの仕方をすごく教育されました。一番大事なことは歯だけではなく歯茎まで磨くことだと口酸っぱく言われていて、それが癖になって大人になってもそうしているからじゃないかなと思います。

Q.ブラッシング以外にどんなケアをされていましたか?
この「ウォーターピック」に出会うまでは、ブラッシンングをしてそのあとにフロスをして、というのが僕の歯磨きのルーティーンでした。

Q.毎日のオーラルケアで要さんこだわりのマイルールありますか?
定期的に、サボらず時間をかけて磨くということが一番いいんじゃないかなと。いろんな方法があると思うんですけど、シンプルに定期的にちゃんとケアをするってことが大事なんだと思います。仕事柄、歯まで映る仕事ですので、隅々にまで気を配ることは必要かなと思います。

Q.要さんの歯を褒められたエピソードはありますか?
ありません。今回初めて褒めていただいてすごく嬉しいと感じました。歯を褒められることはあまり今までなかったので、そんなふうに見てくださったんだと思って、意外な喜びでした。これからはちょっと自信をもっていきたいと思います。

Q.来年は要さんにとって芸能生活20年、そして40歳を迎えるメモリアルイヤーですが、20年間を振り返ってみていかがですか?
振り返ると本当にあっという間だったなと思います。目の前にある仕事をコツコツとやってきただけなので、あっという間に年を取ってしまったなという感じです。やっぱり当初より40歳になった自分というのは、一つの目標でありまして、この年代になったらこの役をやろう、こういう役をやりたいとか、こういう役者になりたいって思いながら20代30代と積み重ねてきたのですごくこれからが楽しみだなと思います。

Q.いま20代30代のころに目標としてきた40歳のご自身と近いですか?
どうですかね。もちろんまだまだな部分もありますけど、経験はそれなりにやってこれたので。これからですけど、僕が思い描いていた40歳の先輩方とか尊敬する先輩方の背中を見ながらきましたので、同じように歩けたらいいなと思います。

Q.どんな40代の男性になりたいですか?
やっぱりいろんな役を演じられる役者になりたいなと思います。どんな役でもそつなくこなす。さらに自分のエッセンスがそこにちゃんと入る、そういう役者が僕の尊敬する役者像なので、そうなりたいなと思います。

Q.「ウォーターピック」を使ってみていかがでしたか?
思ったより水の力がすごいなと感じました。ブラッシンングしてうがいして、それで汚れが取れたと思うんですけど、この「ウォーターピック」を使うと本当に目に見えない隅々まで、意外なところに汚れがついていることを感じることができるんですね。「ああ、取れてる取れてる」、っていうのが実際にやりながら感じることができるので、この感覚っていうのは「ウォーターピック」じゃないと感じられないものだなと思いました。

Q.「ウォーターピック」をどんな人におすすめしたいですか?
僕たちのように歯を見せる仕事の方はもちろんのこと、本当に手軽に、家で1分2分あればできてしまうことなので、歯を磨く皆さんに対しておすすめしたいなと思います。

■撮影時のエピソード
朝早くからの撮影だったのですが、要さんがスタジオに登場されると現場は一気に明るくなりました。どのシーンを撮影する際も、最後はニコッと白い歯を見せていただき、スタジオ中にはスタッフ達の「あぁ、やっぱり綺麗な歯だね」と声が漏れるほどでした。また、今回は少し長いセリフでしたが、どのようなアドリブにも笑顔で対応していただくことができました。要さんのプレゼンシーンに注目ください!

■CM出演者プロフィール

要 潤(かなめ じゅん)
1981年生まれ、香川県出身。
2001年にEX「仮面ライダーアギト」で俳優デビューし、ドラマ、映画、CMと幅広く活躍。

【映画】
「劇場版タイムスクープハンター」(13)
「あやしい彼女」(16)
「DESTINY 鎌倉ものがたり」(17)
「スマホを落としただけなのに」(18)
「キングダム」(19)

【ドラマ】
TBS「GOOD LUCK!!」(03)
TBS「流星の絆」(08)
NHK「まんぷく」(18)
東海テレビ「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」(20)
などの作品に出演している。

■ウォーターピックとは


磨き残しゼロを目指す、次世代のデンタルフロスです。Waterpik® Water Flosserは独自の水圧と振動により、ブラッシングやデンタルフロスでは取り除きにくい食べかすやバクテリアを除去。歯間と歯周を清潔な状態へと導きます。

■Waterpik社について
1962年にアメリカで誕生。半世紀以上の歴史を持つブランドです。口腔洗浄器として初めての特許を取得。75以上の臨床研究で安全性、有効性が説明されており、世界で一番選ばれています。

1962年
米国コロラド州フォートコリンズの油圧エンジニアJohn Mattinglyと、歯科医のGerald MoyerによってAqua Tec Corp(後にWater Pik、Inc.となる)を設立。
2人は歯科用の口腔洗浄器を製作し、146回目の試みで、電動式の口腔洗浄装置を開発しました。

1967年
口腔洗浄器で最初の特許を取得。その技術は今日のWaterpik®Water Flosserに役立てられています。内部の強力なミニチュアポンプは脈動する水流を送り、口腔環境を清浄化します。この時、お店で口腔洗浄器を購入することができるようになりました。


■CMカット(左上から右下の順)

コメントは受け付けていません。